①顔合せ(初回報酬はもちろん発生しません)
建物を建てる行為は単なる物造りではなく、人(施主)と人(設計・施工)とのつながりが重要だと考えます。はじめての時はお互いを知る場であったり、様々な疑問を出してもらうだけでもいいと思います。メール・電話で連絡いただければご都合のいい日時をセッティングします。
②要望・条件(敷地・予算)の整理
『これは無理だろうなぁ』と思っている事、具体的には説明できないけどなんとなくイメージしている事…。まずは打合せのテーブルにのせてみましょう!話して可能・不可能を判断すれば、完成してからの『ああしとけば良かった…』が少なくなります。
③図面による打合せ
『要望・条件により作成した図面・模型をもとに打合せを重ね、プランを練り上げていきます。
④設計契約
平面・立面プランがまとまった時点で、設計・工事監理の契約をしていただきます。
⑤許認可関係手続き
④で決定した計画で役所から建築確認済証の交付を受けるための手続きを設計が行います。








⑥見積
④で決定した計画で数社の施工業者から見積りをとります。
⑦金額調整
金額、施工体制、『人』の面からふさわしい業者を選定し、業者との金額調整で契約金額を決定します。設計は業者との窓口・選定のための情報提供を行います。
⑧建築契約
施主と施工業者間で工事契約をしていただきます。この時、設計者が立会います。
⑨着工
地鎮祭・安全祈願祭の後、工事に着手します。工事中は施主に代わって、現場が図面通りか・工程通りか等の確認をします(工事監理)現場・図面・サンプルにて最終の仕上材料等の提案及び確認をしていきます。
⑩竣工・引渡し
工事完了後、役所から検査済証の交付を受けます。設計検査・施主検査による手直し工事が完了して施工業者から施主へお引渡しです。
⑪入居後入居後1ヶ月・1年の訪問で住み心地などを伺います。